料理歴4ヶ月のぼくがクックパッドをみなくなった2つの理由

調理画像

こんにちは、食生活アドバイザー&ITエンジニアのそば(@sobarecord)です。

料理のレシピを調べるときに何を使っていますか?ぼくは1月前まではクックパッドを利用していました。

そもそもぼくが料理をし始めたのは4ヶ月前から。食生活アドバイザーの資格を取ったことと、食戟のソーマが面白かったという理由で興味を持ったのです。

料理を始めるにあたり料理本を眺めたり、様々なレシピサイトやアプリを見てみました。その中でも一番使いやすく、わかりやすかったのがクックパッドでした。検索結果が人気ランキング順で表示されるということで課金もしていました。

そんなぼくがクックパッドをみなくなったのは2つの理由があります

濃い味付けに飽きた

基本的に人気ランキング上位のレシピを見て料理を作っていました。確かにおいしい。おいしいのですが味付けが濃い。正直、毎日毎食たべるのはきついです。

また、コンソメ使用率が高いことも飽きてしまう理由の一端です。

レシピの質が悪い

どんなことでもアウトプットを続けると上手くなるものです。まだまだ手慣れていない感が満載ではありますが、おにぎりの握り方も知らなかったあの頃と比べると格段に料理スキルはアップしています。

料理スキルがアップしたことにより、下記のようなことができるようになりました。

自分にあった味付けができるようになった

レシピを見ないで適当に作った料理でもそれなりの味のものができるようになりました。

また、味が濃そうだなと思ったレシピを自己流にアレンジしてもおいしく作れるようになりました。最初のうちはとんでもなくまずいものが出来あがったりして食べきるのに苦労したこともありましたが…

なのでわざわざ味の濃いレシピを見る必要がなくなったのです。

ほかの情報源のレシピでも作れるようになった

手順がわかりづらかったり複雑なものが多く、クックパッド以外のレシピでは料理をする気も起きませんでした。今でもそこまで手の込んだものを作ることはできませんが、そういったレシピでも作れるようになったのです。

クックパッドはNo.1レシピ検索サイトですし、レシピ投稿者の中には本を出しているような方もいます。しかし、ほとんどが素人の方です。やはりプロが書いているレシピの方がおいしいんですよね。

逆に言うと初心者にはオススメ

クックパッドの悪口みたいになってしまいましたが良いところはいっぱいあります。

  • 手順が写真付きでわかりやすい
    → 1手順ごとに写真付きで解説されているものが多いですね。イメージがしやすく、重宝しました。
  • 検索がしやすい
    → 食材の名前で検索したときの精度が良いですし、前述したように人気ランキング順に表示できます。もしかしたら料理スキルがもっと上がれば、このあたりをうまく使いこなせるかもしれません。
  • おいしい料理が簡単に作れる
    → 料理には失敗がつきもの。特に料理をおぼえたてのころは失敗することの方が多いかもしれまんせん。しかし、味が濃い目の素人のレシピのは失敗しにくいです。
    失敗しにくい料理をすることで「自分やればできるじゃん!」という成功体験はレベルアップに必須です。

まとめ

まとめると、

  • 料理を始めるならクックパッドは超おすすめ!
  • 料理になれてきたらクックパッドの外の世界にも踏み出してみよう!!

というお話でした。

 


お問い合わせはこちらから