キウイはまるごと食べられる!

ABOUTこの記事をかいた人

マネジメントを極めるために活動中。 組み込みからiOS/Androidアプリ、Webコンテンツ、ビッグデータ分析までいろいろやっているITエンジニア。 PM歴は一年。スクラムマスターはじめました。

フルーツ食べていますか?

よく「フルーツは健康にいい」「フルーツを食べるとダイエットになる」などと言われています。

厚生労働省による健康日本21という運動でも積極的にフルーツを摂ることを強く推奨していました。

フルーツ、食べていますか? 僕は正直食べていないです。
その理由としては、

  1. 食べづらい
    基本的に皮が邪魔です。バナナくらいならいいですが、皮をむくのもスプーンを使って食べるのもめんどくさいです。
    タネもわずらわしいと思ってしまいます。
  2. 食べなくてもいい気がする
    同じように健康によいといわれる野菜は「ご飯」という感じがするので食べなきゃという気がしますが、フルーツはお菓子のような感覚があり食べても食べなくても良さそうなものに感じています。
  3. 高い
    上記理由に加え、値段が高いので余計に買わない、食べないとなります。

この3つが大きな理由です。

フルーツを食べるということ

ですが食生活について調べているうちに、フルーツを摂る必要性がわかってきました。
おおざっぱに言うと、ビタミンCやカリウム、食物繊維が豊富に摂れるのですが長くなりそうなのでまたの機会に…健康になることは間違いなさそうです。

また、値段が高いというのも将来のリスク(医療費など)を考えると健康でいた方がお金がかかりません。
日々のお金はかかりますが、投資のようなものかなと思います。

これで理由の2番と3番が解消されました。
残りのハードルは1番です。
ここが一番高く重要でハードルです。

皮をむかずに食べられ、毎日食べられ、値段も手頃な果物…果たしてそんなものがあるのでしょうか?

キウイを食べよう!

フルーツを推しているWEB記事や本で探したところ、キウイフルーツが良さそうだという結論にたどり着きました。

「え、あのケバケバがついた皮が食べられるの?」と思うかもしれませんが、実はキウイ本場のニュージーランドでは皮を剥かないのがスタンダードだそうです。
しかも、皮には実の2~3倍の栄養があるとのこと。
これは是非トライしてみたいと思いました。

まるごと食べるにあたり、気になるのは残留農薬ですよね。
EWG(環境ワーキンググループ)というアメリカ有害物質のリサーチを行うNPO団体によると、キウイは農薬が少ない野菜ベスト10に入っています。
(日本とは果物/野菜の区別が異なるので野菜のカテゴリに入っています。)
手で洗ったあとに水分をよく拭き取れば問題なさそうです。

ちなみにキウイフルーツは下記のように検査などの安全基準をいくつもパスして日本に輸入されてきます。
こうしてみると色々な方向からの視点で検査が行われていることがわかり、安心感がありますね。

果樹園:買い取りメーカーが定めた最小限の農薬を使用

パックハウス:農薬が基準値以下か抜き取り検査

港(ニュージーランド):政府の基準を満たしているかどうか検査。植物検疫証明書が発行される。

港(日本):病害虫の検査や残留農薬などの食品衛生検査

青果市場

店頭へ

実際に皮ごと食べてみました。
かなりの違和感があるのかと思ったのですが、全然平気でした。
ちくちくもしなくおいしくいただけました。
これなら毎日食べられそうです。
健康のためにキウイを丸ごと食べましょう!

 


お問い合わせはこちらから