今までなんで残業してたんだ…ひとり残業ゼロチャレンジ実施中!!

残業ゼロ

ABOUTこの記事をかいた人

マネジメントを極めるために活動中。 組み込みからiOS/Androidアプリ、Webコンテンツ、ビッグデータ分析までいろいろやっているITエンジニア。 PM歴は一年。スクラムマスターはじめました。

「残業ゼロ?働きたい人まで規制してどうするの??」
「残業しなきゃいけない場面だってあるでしょ?」
少し前までのぼくはこんなことを考えていました。

こんにちは、食生活アドバイザー&ITエンジニアのそば(@sobarecord)です。

ここ3週間、必ず残業無しで帰るというチャレンジを1人で始めてみました。
その結果、今までの考えとは180度変わって「残業ゼロがいい!」そう思うようになってきました。

なぜ残業ゼロにしようと思ったのか

自分への継続的な投資が必要

人生100年時代を説いたベストセラー、LIFE SHIFTに書いてあるように、寿命(=労働可能年齢)は長くなっています。
1つの仕事、1つの知識だけでは立ち回れないマルチステージの時代、ますます自己投資が大事になってきます。
残業ありきで働いているとその投資時間がどんどん無くなるのを感じました。


LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

成功例がどんどん報告されている

【超ホワイト企業】完全残業ゼロのIT企業になったら何が起きたか by 米村歩, 上原梓

2017.05.18

残業代とボーナスをあてにしてたら破産するよ!

2017.05.31

こちらで紹介したように、残業ゼロを達成(限りなく近づいた)企業の例が増えてきました。
しかも残業時間が無くなったにもかかわらず、売り上げをキープ、むしろ多くなっているのです。

まさにいいことずくめ、これに乗らない手はないでしょう!

残業は効率が悪い

上の話でもあるように残業ゼロでも売り上げが上がるということは、言い換えると今まで時間効率が悪い働き方をしていたということになります。

効率の良い働き方、身につけたいですよね?

残業ゼロにむけてやったこと

ぼくがやったのはこの2つだけです。
「それだけ?」そう思うかもしれませんが、これだけです。
これだけで残業をせずに帰れます。

作業の見える化

今まで何となくやっていたタスク管理をきっちりやるようにしました。
具体的にはAsanaというWeb上でプロジェクト管理が出来るサービスを使っています。

このAsanaの良いところはその日にやるべきタスクそのプロジェクトでやるべきタスクの両方を意識することが出来るところです。
その日にやる必要がないものは後回しにして、目の前の作業に集中する。
そういう使い方が出来る強力なツールです。

定時(残業ゼロの時間)に帰る

何が何でも帰る。それだけです。

その時間までになんとか作業を終わらせようと頭がフル回転します。
終電間際まで仕事をした経験があればわかる感覚ではないでしょうか。

残業ゼロをやってみて変わったこと

まだ3週間ではありますが、残業ゼロ体験をして次の3つの変化がありました。

1.集中力が研ぎ澄まされる

上でも触れましたが、頭がものすごく動く感覚が味わえました。
「あれ、まだ働き始めてから1時間しかたっていないのか…」 みたいに時間が長く感じることが多いです。

その反動で1日が終わる頃にはめちゃくちゃ疲れていますが、すごい効果です。

2.人に早く相談するようになった

今まではわからないことがあっても自分でできるだけ調べてから人に聞くようにしていました。
それが礼儀だと思っていたし、他の人の邪魔をするのも悪いとも思っていました。

しかし、そんな悠長なことは言っていられません。
考える時間が惜しいので10分考えたり調べたりしてもわからないことはさっさと人に聞くようにしました。

結果、特に邪険にされなかったし、サクッと解決することが多かったです。
勇気をだして踏み込んで正解でした。

3. なんの問題もなく仕事を進めている

変化というか変化していないことにはなるのですが、仕事が何の問題もなく進んでいます。
今までの感覚からすると、週10時間くらいの残業をしているくらいの仕事量をこなしているのですが…
なんとも不思議な感覚です。

残業ゼロやってみませんか?

まだまだ始めたばかりではあるのですが、今のところメリットしかありません

職場によっては1人での実施は難しいかもしれません。
しかし、試してみる価値は絶対にあります。

自分の仕事の見えるかからでも良いのでチャレンジしてみてください!!