一日に体重×50mlの水が必要!? オフィスワーカー向けのストレッチ体験会で学んだこと3つ

水分補給の画像

ABOUTこの記事をかいた人

マネジメントを極めるために活動中。 組み込みからiOS/Androidアプリ、Webコンテンツ、ビッグデータ分析までいろいろやっているITエンジニア。 PM歴は一年。スクラムマスターはじめました。

こんにちは、食生活アドバイザー&ITエンジニアのそば(@sobarecord)です。

ぼくはソフトウェア開発を生業としているため仕事ではほとんどの時間をイスに座って過ごしています。肩のコリというのは感じたことがないのですが、目と首の疲れは日々感じています。

そんななか、なんと近所でオフィスワーカー向けのストレッチ体験会が開催されるとの情報が!これは参加しない手はない!!

内容としてはストレッチと軽い筋トレをする事により、今あるコリの解消と疲れにくい体を作るというものでした。
そのあたりのストレッチ、トレーニングのこともかなり参考になったのですが、トレーナーの方が合間合間で説明してくれる豆知識がとても有用でした。今回はその中から3つご紹介します!

スクワットで疲れ知らず!

実に全身の筋肉の7割が下半身にあるのだそう。

そのため、下半身のストレッチにより多くの筋肉がほぐれ、全身に血液が流れます。血液が流れることにより酸素や栄養が行き渡るため疲労が回復します。

逆に、下半身を動かせない状況になってしまうと体が衰え続けます。
ぼくの祖母がまさにそうでした。足の骨を折ってしまってから1年で急激に老け込み、そのまま亡くなってしまいました。

元気な体のためにもスクワット!ストレッチ!!大事です。

風呂やプールに入ると疲れがとれる!

浮力により筋肉の負荷が軽くなり、血行がよくなるためとのこと。

筋トレ後はもちろん、風呂には毎日つかるといいですね!

朝シャン生活を変えようと習慣化しているところだったのでモチベーションが上がりましたw

体重×50mlの水分を摂ろう!

水を飲むことが大事、なぜなら我々は水なしでは生きていくことができないためです。

その水の一日の摂取量の目安が体重×50ml。ぼくの場合は体重が62kgくらいなので3.1リットルの水分が必要となりますね。

この量は食事などで摂れる水分も含まれているため注意。実質的には2リットルくらいの水を飲むとよさそうです。

もちろん、一気には飲めないのでこまめに水分を摂るようにします。

 

非常にためになる体験会でした。トレーナーの方に教わるというのがこんなに便挙になるとは…ライザップが流行る理由がわかった気がしましたw

 

 


お問い合わせはこちらから