トイレ掃除にはいろんなメリットがある! | 夢をかなえるゾウ 6日目

掃除っぽい人

ABOUTこの記事をかいた人

マネジメントを極めるために活動中。 組み込みからiOS/Androidアプリ、Webコンテンツ、ビッグデータ分析までいろいろやっているITエンジニア。 PM歴は一年。スクラムマスターはじめました。


夢をかなえるゾウ文庫版

掃除ってどれくらいの頻度でやればいいのでしょうか?
ぼくは週一でまとめてやっていますが…(トイレ以外)

こんにちは、そば(@sobarecord)です。

さて夢をかなえるゾウの6日目の課題は…

「トイレを掃除する、ちゅうことはやな、一番汚いところを掃除するっちゅうことや。そんなもん誰かてやりたないやろ。けどな、人がやりたがらんことをやるからこそ、それが一番喜ばれるんや。一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや。分かるか? 好きなことをしろなんて自分ら言われてきたんかもしらんけど──まあ好きなことするのも大事やけどな、それと同じくらい大事なんは、人がやりたがらんことでも率先してやることや。仕事できるやつらは全員そのこと知っとるで」

はい、「トイレ掃除をする」です。

正直、そうじはさぼり気味なぼくとしてはいささか辛い課題。
やらなくても生活できてしまいますからねぇ…

ちなみに我が家では家事は完全分業性でして、トイレ掃除は妻のテリトリー。
今回の件を話したのですが、その領域に入ることはかないませんでした…

なので、我が家のウサギさんのトイレ掃除を行うことにしました。
(楽勝になった)

こやつですね↓

我が家のウサギ

掃除をしていて思ったこと

なんだかいろいろな考えが浮かんできた

掃除に限らずなのですが、無心で何かをやるときって瞑想に近いものがあると思います。
また、アイデアが浮かんできたり、忘れていたタスクを思い出すこともしばしば。

三上とはよく言ったものですね。

三上とは

欧陽脩(おうよう・しゅう)という中国の政治家/学者の言葉。
アイデアがひらめきやすい3つの状況を「三上(さんじょう)」という言葉で表わした。

  • 馬上(馬の上→馬にのっているとき)
  • 枕上(枕の上→寝るとき)
  • 厠上(厠の上→トイレにいるとき)

つまりはリラックスしているときということ。
現代ではデジタルにふれていないときなのではないでしょうか。

こういう時間をとることも大切ですよね。

はじめる前は腰が重いがやり始めると止まらない

これは勉強でも読書でもゲームでもあてはまる経験をした人は多いのではないでしょうか?

この現象は、心理学者クレペリンによって発見され、「作業興奮」と言うのだそうです。
ドーパミンが出て、興奮状態になっているのでどんどん行動するそうです。

よくやる気を出す系のアドバイスで「とりあえずやってみろ!」なんてものがありますが、科学的にも正しいことだったのですね。

・・・

と少し本題とは少し話がズレましたが課題クリア!
本題は「人がやりたがらないことでも率先してやる」でしたね…

いつか人間のトイレも掃除しようと思います。